教育2.0の未来

pixta_13182914_S

教師がいなくなる

一斉授業がなくなり、教師(教える人)はいなくなります。「教育2.0」によりタブレットが生徒の学習レベルに応じて指導してくれるからです。生徒一人ひとりに合わせて最適な課題、最適な解説を提供します。そして教師(教える人)の代わりに、タブレット学習のサポートとしてモチベーター(やる気や刺激を与える人)が存在するでしょう。

教室が必要なくなる

一斉授業がなくなるため、特定の教室に来る必要なくなるかもしれません。「教育2.0」ではタブレットがあればどこでもいつでも勉強は可能です。教師がいなくても、モチベーターが機能さえしていれば、無理に教室に来て学習する必要はなくなるのです。教育の可視化ができていれば、家庭学習の負担も軽減されます。

IMG_2717

学習時間が短縮できる

生徒一人ひとりに合わせて最適な課題、最適な解説を提供する最適化タブレット学習によって学習効率が向上するため、学習時間を大幅に短縮できます。主要5教科の学習時間が短縮できれば、その分の時間をを総合学習に使うことが出来ます。そのため、従来の教育よりも社会性や創造性を重視した教育が実現できます。

学校の先生の負担が大幅に減る

一斉授業がなくなり、授業準備の時間が大幅に短縮されます。今以上に学校の先生が生活面やクラス活動に関われるようになります。これによって、先生はただ授業する人ではなく、保護者、地域とともに総合学習、社会科見学などの企画・実行を行って学級全体を教育していくプロデューサーに近い存在になるでしょう。

現在の教育問題の解決

教育2.0」により、現在の日本が抱える教育問題のほとんどを解決することができます。

日本労働組合総連合会の「日本の教育が直面している問題点」

教育2.0」は全て解決するポテンシャルがあります。

Q.母親任せの子育てと家庭の教育機能の低下

A.子育てには、子供への学習指導も含まれます。家庭学習で母親が教えた子供ほど、学習能力は高い傾向にあります。教育をタブレットに任せることで、その負担が減ります。子供の学習状況がひと目で把握でき、必要な学習内容を提示できるので、母親だけが把握する必要がなくなります。

Q.子どもの体験不足と社会性の欠如

A.学校教育は学校の中だけで行われてきました。しかしタブレットがあればどこでもいつでも学習ができます。現在の学習カリキュラムを進めながら、子どもに体験をつませる目的で、さまざまな生活体験・社会体験そして自然体験を積ませることができるのです。

Q.学ぶ意欲や主体性の欠如した子どもの増加

A.好きなこと・興味のあることには子どもは意欲があり、主体性があります。紙を使った現在行われている指導が嫌いで興味がないだけで、学ぶ意欲や主体性が欠如していると決めつけるのは早合点でしょう。「教育2.0」でビッグデータを活用することにより、できるだけ生徒に興味を持たせるようにすることができます。また、指導から解放された教師がモチベーターとなり、より子どもが楽しくなるように仕向けることができるのです。

Q.学級崩壊、校内暴力、不登校等の増加

A.むりやり様々な子どもを教室という枠に閉じ込めることで学級崩壊、校内暴力、不登校等の増加が引き起こされます。タブレットによる学習は、教室にいる必要がありません。不登校者は、教室に行かないことを負い目にする必要はありませんし、たくさんの仕事を抱えた教師に教室監督を任せることもなくなります。問題となる生徒が無理に学校に行く必要はなくなるのです。

Q.閉鎖的な学校対応と教師の負担増

A.保護者が最も関心のあることの一つに、子どもの学習状況があります。タブレットで勉強することで、客観的な学習状況を保護者に発信できます。教師が学習状況を把握する必要がなくなるので、負担が減ることになります。また、その分手厚く生徒の生活状況に気を配れるので、学校対応も改善されるのです。

Q.政府の教育投資の低下と学校施設の老朽化の進展

A.教育の成果測定が確定するのは数十年後になります。しかしタブレットを使用することで、生徒の学習状況は日々、理解することができるのです。それにより、政府がどこに投資すべきなのか、何が問題点なのかが、すぐに把握できます。学校施設は、従来のような建物である必要はありません。老朽化が進む建物にいなくてはいけない理由はなくなるのです。

Q.二極分化と学生の学力低下が進む高等教育機関

A.大学を選ぶ理由として、「ブランド力」は大きく関与します。しかし「教育2.0」のビッグデータ活用により、生徒が小学校から溜めたデータは、一人ひとりの将来に合わせた進学先を提示してくれます。将来を見据えた最適な進路を提示することができるのです。

Q.高等教育機関での重い学費負担

A.「やりたいことがないからとりあえず大学に行こう」ということがなくなります。「教育2.0」により、自分の能力・傾向が把握できるので、最適な進路選びをすることできるのです。

Q.過度の年齢主義による入学・就職システムの弊害

A.「教育2.0」により生徒の学習状況を把握できるため、4月から3月までに生まれた子どもを同学年というくくりにする必要はなくなります。学習の習得状況に応じて子どもをまとめることで、無駄なく入学・進級・卒業・就職することができます。

Q.遅れている地域の体制づくり

A.「教育2.0」により生徒の学習状況を把握できるため、誰もが子どもの教育に関与できます。ご近所ぐるみで子育てに協力することもできるでしょう。
また、総合学習、課外活動を行う時間が増えるため、地域と学級の連携が取りやすくなります。

Q.十分機能していない教育委員会

A.子どもの学習教育は政府が担うべきですが、生活教育などは地方自治体で特色ある教育ができるはずです。学習教育を管理する負担が減るため、その分ボランティア活動等を含めた生涯学習や地域文化への支援などの取り組みができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る
  1. 教育2.0が目指す未来Vision

  2. 教育2.0実現に向けてSolution

  3. タブレット指導実例Activities

教育2.0実現に向けた試み

  1. 事業内容/メンバー募集

  2. タブレットを活用した塾紹介・講師インタビュー

  3. タブレット教育アプリ開発・エンジニアインタビューについて

  4. お問い合わせ